DIY 加工

アクリル板や塩ビ板のカット面を研磨する方法。端面をキレイに整える。

JIROです!

今回はアクリル板や塩ビ板の端面(カットした断面)を磨く方法について紹介します。

元ネタはアクリ屋さんで紹介されていた方法です。

端面を磨く作業方法

塩ビ板やアクリル板の端面を磨くセッティング

まず作業する台の上に研磨シートを固定します。

研磨シートの固定は、適当な長さの木材などと一緒にクランプで挟んで固定します。

※ここでは平面を確保するためにガラス板を敷きましたが、平面な台であればなくても問題ありません。

仕上げ・研磨

あとはアクリル板や塩ビ板の端面を当てて、上下に動かして研磨するだけです。

研磨シートの番手は240~1500くらいの間で、粗め目から始めて徐々に細かくしていきます。

保護紙が付いた状態のまま研磨したの方が板が汚れにくくなります。

端面が歪んでいた場合

カットした塩ビ板の端面が歪んでいて磨きにくい場合は、研磨シートを粗めにして挟んだ木の直角などを利用して、直角に沿うように磨くと良いと思います。

以上が端面を磨く方法でした。

次はちょっと楽するために小ネタを紹介します。

使用する番手をすべて一緒に挟んでみた

使用する番手を#600→1000→1500など、使用する番手を順番に重ねて挟んでみました。

めくるだけで次の番手で磨けるので、セッティングし直す必要がなくなります。

使い終わったら

ある程度ペーパーを使い終わったら、押さえていた反対側がキレイなのでクランプを外して、くるりと回せば次のセッティングも完了します。

クランプはネジで締め付けるタイプより、スプリングタイプのクランプの方が取り外しの手間が楽だと思います。

研磨シートのサイズは状況によって適当にカットして調節してください。

クランプ

研磨シートのカット注意点

研磨シートのサイズを調節する場合は、カッターで裏からカットするようにしましょう。

研磨する側からカットすると、カッターの刃がすぐにやられてしまいます。

終わりに

番手ごとに一気に作業する場合は、研磨シートを重ねなくてもよいですが、要所だけ1面ずつ仕上げたい場合は重ねるとセッティングを省けるので楽かと思います。

以上、端面磨きの方法と超小粒のネタでした。

それではよいDIYライフを。

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールでお知らせできるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

関連記事

-DIY, 加工

Copyright© となりのアクアリウム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.