ヨシノボリ飼育方法!特徴やレイアウト・エサやりについて

ヨシノボリは川で採取しているとよく出会う魚の1つです。

あまり大きくならず飼いやすいため、飼育入門にもぴったりの魚です。

というわけで、今回は初心者向けにヨシノボリの飼育について紹介します

それではさっそく参りましょう。

ヨシノボリについて

ヨシノボリとはハゼの仲間で日本の河川に生息する淡水魚です。

ただ、一言でヨシノボリといっても多種多様で、日本には10種類以上のヨシノボリが生息しています。

似ている種や同じ種でもパターン(斑紋など)が違う事もあるので、種類を見極めるのが難しい場合もあります。

ここではヨシノボリについて、大まかに共通する生態や飼育方法について紹介していきます

ヨシノボリの大きさについて

ヨシノボリの大きさは大体5~10cm程の小柄な魚です。

大きな種で最大12cm程度になります。

大きな種:オオヨシノボリ、ルリヨシノボリなど
小さな種:シマヒレヨシノボリ、トウカイヨシノボリなど

ヨシノボリの食性について

ヨシノボリは肉食性の強い雑食です。

付着藻類や小型の水生昆虫・魚などを捕食します。

ヨシノボリの繁殖について

ヨシノボリは繁殖・成長を淡水域のみで行う種と、両側回遊(海に降りる)する種がいます。

淡水のみで繁殖する種は水槽内で、そのまま繁殖可能です。

淡水で繁殖する種:カワヨシノボリ、シマヒレヨシノボリなど
両側回遊する種:オオヨシノボリ、シマヨシノボリ、クロヨシノボリなど

入手方法

ヨシノボリの入手方法でオススメなのは、川での採取(ガサガサ)です。

ヨシノボリ類は全国的に分布しており、砂利や石が多い上流~中流の河川によく生息しています。

購入する場合は、実店舗だと販売されてないことも多いので、ネットショップなども活用してみましょう。

ヨシノボリ

飼育環境

飼育に必要なものは、『ろ過器(フィルター)』と『水槽』、あとは『レイアウトに必要な砂利や石』などです。

これらは飼育前に用意しておき、水槽を立ち上げて1ヶ月後以降に魚を入れるようにします。

飼育用品は基本的な水槽セットに含まれているものだけでも十分です。

水槽の大きさ

ヨシノボリは大きくても10~12cmくらいまでなので、1匹であればSサイズ水槽から終生飼育可能です。

TIPS:複数匹飼育する場合は、争わないよう少し余裕をもった大きさの水槽にします。(例:60cm水槽で5匹~10匹)

ろ過器・フィルター

水槽には水を濾過するために、ろ過器(フィルター)を付けておきます

水槽セットについてる簡単なフィルターでも大丈夫です。

フィルターの種類について詳しくはこちらで解説しています。

レイアウト

ヨシノボリは石の隙間などに隠れるので、流木や石などを使ってレイアウトします。

水草を使用する場合はウィローモスなど活着性のあるものがオススメです。

床について

ヨシノボリは自ら巣穴を作る習性のある魚です。

水槽に敷く砂利を細め~中粒くらいにすると、巣作りのためにヨシノボリが小石をくわえて運ぶ、可愛らしい姿を見ることができます。

砂利

照明

水草などと一緒に飼育する場合は照明が必要です。

水草を入れない場合でも、観察しやすくなるので照明はある方がおすすめです。

照明を使用する場合は、なるべく規則正しく点灯するようにコントロールします。

プログラムタイマー

照明などの電源のON/OFFはプログラムタイマーなどで自動化するのがおススメです。

照明

プログラムタイマー

水槽を立ち上げる

魚を飼育する前に、これらを用意しておき、水槽はレイアウトして水を張り、ろ過器(フィルター)を稼働させておきます。

そのまま1か月程度おいてから徐々に魚を入れてていきましょう。

TIPS:水槽立ち上げ当初は生物ろ過が効いておらず、魚を長く飼育できる環境にありません。1か月程度でバクテリアが湧いてきて、徐々に生物ろ過が効くようになっていきます。

水槽セット

水質管理

水質管理は一般的なアクアリウム同様、週に1回水槽の1/3~1/2程度の水換えをします。

水槽にいれる水はカルキを抜いたものを使用します。

カルキ抜き

水道水にはカルキ(塩素)が含まれています。

水槽に使用する水は、常にカルキを抜くことを忘れないようにしましょう。

TIPS:カルキは魚にもバクテリアにも有害です。

カルキ抜き

水温

水温は10℃~28℃くらいを目安に飼育します。

夏場の水温上昇は冷却用にファンを設置すると2℃~4℃程度抑えることができます。

TIPS:亜熱帯地方(琉球列島など)に生息するヨシノボリは18℃を下回らないように、冬場はヒーターなどで保温します。

冷却用ファン

ろ過器(フィルター)の掃除

ろ過器(フィルター)は定期的に清掃が必要です。

使用するフィルターや飼育する生体の数などにもよりますが、3~6か月に1度くらいはメンテナンスが必要になります。

おすすめのフィルター

ろ過器(フィルター)はメンテナンスが楽でコスパの良い底面フィルターなどがおすすめです。

水槽に敷いた砂利をフィルターに利用するので、水替えする時にフィルターの清掃も同時に行えます。

底面フィルター

お掃除用の水替えポンプ

エサやり

ヨシノボリのエサは冷凍赤虫がおすすめです。

採取した個体の場合、最初は餌と気づかないこともありますが、お腹がすいて口に運べばすぐに餌付きます。

TIPS:冷凍赤虫は冷凍庫で保管する必要があります。

人工飼料

人工飼料も慣れると食べてくれますが、中々慣れない場合もあります。

エサが残ると良くないので、人工飼料を食べてくれる魚などと一緒に飼育して徐々に慣れさせていくのが良いでしょう。

人工飼料に慣れさせる場合は、小型の肉食魚用のエサがおすすめです。

TIPS:赤虫は嗜好性が高いので人工飼料と一緒に餌やりする場合は、人工飼料から給餌して食べ終えてから赤虫の順番がおすすめです。

小型の肉食魚のエサ

混泳

混泳させる場合は、ヨシノボリと同体格程度であれば可能です。

ヨシノボリの口に入るサイズの小魚やエビは、ほとんどの場合食べられてしまいます。

TIPS:ヨシノボリより体格が大きな魚であっても、ヒレなどは囓られる場合があります。また種や個体、環境によっては激しく攻撃される場合もあります。

同種の混泳

ヨシノボリ同士を混泳させる場合は、縄張り争いなどもするので、流木や石で隠れ家を多く用意しておきます。

タンクメイト

水槽内のエサの掃除屋としてならドジョウや、エサの嗜好性が似ているアカザなどもおすすめです。

終わりに

ヨシノボリは飼育しやすく、大きくもならないので初心者の方にもおすすめできる魚です。

見ていても楽しい魚なので、気になった方は是非飼育してみてください。

以上ヨシノボリの飼育方法についてでした。

それではよいアクアライフを。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします♪└|∵|┐♪└|∵|┘

コメント

タイトルとURLをコピーしました