DIY 水槽台

初心者向けDIY!簡単水槽台の自作方法や設計図、注意点など

2018年11月1日

こんにちは!水槽台作るの大好きな、となりのアクアリムです^^

今回は初心者向けにシンプルな構造で作りやすい水槽台をご紹介します!

水槽台という名目ですが、応用すれば棚やベンチ、机など様々なものが作れるようになります。

水槽を乗せることができる構造ですから、大抵の家具には事足ります。

慣れてくれば、この作りで強度を確保して、好きにデザインにする事もできます。

少し長い記事になりますが簡単なので、この機会に是非マスターしてみて下さいね!

※お約束ですがDIYは自己責任です!十分に気を付けて作業していきましょう。

目次

使用する材料とカットについて

水槽台の材料は木材を使用します。

木材カットはできるだけホームセンターなど、購入したお店でしてもらいましょう!

カットは機材が無いと難しいですし、機材があっても家庭用だと数をこなすのは大変です。

なので木材カットに覚えのある人以外は、お店でカットしてもらうのがオススメです!

材木について

使用する材木は主に2つで、骨格の部分と天板に分けて考えます。

骨格部分の木材

一般的なSPF材1×4

水槽台の骨格に使用する木材1×4材か2×4材を使います。

読み方はワンバイフォーやツーバイフォーで、ワンバイ・ツーバイと呼ばれたりします。

※1×4材…厚さ19mm×幅89mmのサイズの材木です。

※ 2×4材…厚さが2倍で38mm×幅89mmとなります。

長さは色々ですが、ホームセンターでは1820mmの取り扱いが多い印象です。

ホームセンターでごく一般的に販売されている材木です。

木の種類は一般的にSPF材(パインなど)ですが、店によっては桧なども売られています。

1×4材などの購入時の注意

1×4材の反りありとなしの比較

1×4材などは、かなり反っているものが混じっているので、1本1本確認しながら購入しましょう。

1×4材は多かれ少なかれ反っているので、神経質になりすぎる必要はありませんが、きつく反っているものは除外しましょう。

天板部分の木材

集成材の売り場

天板は『一枚の板 』になっている材木を使用します。

私は集成材(木を寄せ集め成型された材料)を使用しています。

コンパネ、合板などでもOKです。

1×4材などを継ぎ合せて良いのですが、まれに厚さが均一でないことがあるので注意が必要です。(厚さが均一でないと天板に段差ができます)

使用する材料のまとめ

  • 木材カットは自分でしない
  • 骨格は1×4材などを使用、購入時はそりを確認
  • 天板は集成材や合板などを使用

水槽台の設計

ハイタイプとロータイプの2種類の水槽台の設計をご紹介します。

どちらでも基本的な作りは同じです。

1.ハイタイプ水槽台の自作設計

2段水槽台の組み立て設計

ハイタイプは2段仕様です。

青い部分やオレンジの部分に使用する木材は1×4材や2×4材です。

灰色部分は集成材や合板を使用します。

1×4材か2×4材かは、予算や必要な強度、箇所に応じて選びます。

個人的な目安ですが、1×4材は60cm水槽くらいまでに使用しています。

オレンジ色の部分の補強(梁)は長辺に入れてサイズによって増やします。※たわみ防止が主な目的なので必ず長辺にいれます。

ハイタイプの実例

自作60cm水槽台無塗装

ハイタイプで作った60cm水槽台の実例です。

紹介した作りで強度を確保した上で、サイドのスリットなどを足しています。

2.ロータイプ水槽台の自作設計

自作ロータイプ水槽の3D図

ハイタイプの作りから、下段を無くして紫の部分を追加します。

水槽台の幅がよほど狭かったり、低かったりすれば問題ありませんが、少しでも水槽台が高くなる場合などは紫部分の様な補強をつけます。

実際、水槽台として作る場合はフィルターなどを収納するケースが多いので、ある程度の高さは出てしまうため、紫部分のような補強が必要です。

ロータイプの実例

ロータイプおしゃれ自作水槽台

※ロータイプ水槽台の実例(ベンチタイプ)

ロータイプ(ベンチタイプ)の水槽台の実例。

120cm×30cmの水槽台です。

ロータイプで紹介した作りと同じですが、デザイン重視で骨格を細くしているのでちょっとスリムに見えます。

もちろん細くするのは、強度を犠牲にするので、上に置く水槽と相談してください(^^♪

より強度の高いロータイプ水槽台

自作水槽ロータイプ2段

水槽全体の重量によっては、ロータイプでも2段目を付けた方が安全です。

とても頑丈になりますよ!

組み立て方の注意点などは後でご紹介しますね!

必要な材料の計算方法

水槽台の組み立て方の前に、簡易な材料の算出方法をご紹介します。

もし作りたい水槽台が幅60cm×奥行30cmであった場合を例に、材料を計算してみます。

前から見た図と、上から見た図を考えれば必要な木材の寸法が見えてきます。

ハイタイプ(2段仕様)でもロータイプ(1段仕様)でも同じように考えられます。

1.前から見た図

水槽台設計前からみた図

前から見た図で、必要な棚板の長さと脚の長さがわかります。

※ここでは水槽台の高さ(足の長さ)は設定していません。いくつでも構いません。

次に斜線部分で必要になる材木の寸法を、上から見た図で確認しましょう。

2.斜線の部分を上から見た図(上下段とも同じ)

60cm水槽台設計図上から

上から見ると棚の枠に必要な材木の寸法が確認し易いです。

1×4材を使用するので材木の厚みは約2cmで計算しています。

なので、奥行30cmに設計しているのに、26cmという長さになっているんですね。

これで必要な材木の各寸法がすべてわかりました。

必要な材木の寸法

天板・棚板
60cm×30cm×1枚
56cm×30cm×1枚

骨格(1×4材)
56cm×4本
52cm×2本
26cm×4本
足(任意の長さ)×4本

必要な材木の寸法がわかったら、次は必要な材料を算出します。

算出したサイズを材料に当て込む

60cm水槽台材料カット図面

各パーツの寸法がわかれば、購入する材木に当て込んでいきます。

図にしてみると購入する材木がわかりやすくなります。

すると、この水槽台であれば、120cm×30cmの集成材1枚と、1×4材(1820mm)が4~5本で作れることが分かります。

こういったカットの図を用意しておくと、木材カット時の意思疎通に大きく役立ちます。

ここまで来たらあと少しで水槽台が作れます!

もうしばらくお付き合いください!

水槽台に使用するビス

ビスの太さは3mm~3.5mmくらいでほとんどの場合問題ありません。

ビスを打った時に、木材を突き抜けない程度の長さを選びましょう。

強度を確保する上でビスの本数は重要です。

高価なものではないので、不足のないよう、多めに用意しておきましょう。

自作水槽台に使用するビス

自作水槽台の組み立て方

それでは自作水槽台の組み立てのポイントです!

まずは必要になる工具と使用方法をご紹介します。

必要な工具と使用方法

自作に必要な電動ドリル

最低限の必須工具は電動ドリル(電動ドライバーなど)です。

ビスを打つ時は、ビス径より少し細いドリルで下穴をあけてからビスを打ちます

つまり水槽台を組み立てるには『穴を開ける工具(ドリル) 』と、『ビスを回せる工具(ドライバー) 』 が最低限必要になります。

しかし、手動だと『 時間が何倍もかかる 』『 手の皮が剥ける』など大変なので、電動工具を持っていない方は必ず購入することをお勧めします!

電動ドリルに装着するドリルやドライバービットはセットもので十分です。

それだけあれば、水槽台が組み立てられます。

電動ドリルは2本あると、ドリルとドライバービットの交換の手間が無くなるので作業効率がさらにアップします。

もし初めて電動ドリルを購入する場合は、このくらいのそれなりに良いものをおすすめします。

ここぞと言う時に役に立ってくれますよ!

HiKOKI 電動ドリル

2本目は安いものでも構いません。

下穴を開けたり軽い作業であれば十分です。

シンコー 電動ドリル

水槽台を作るだけであれば、安い電動ドリルだけでも十分ですが、この先を考えれば1本は良いドリルを持っておいて損はないですよ^^

あと保護メガネ、グローブ、マスク等は各個人の判断にてご用意ください。

組み立て方のポイント

3D自作水槽台設計

ハイタイプを例に組み立てポイントを説明していきます。

木材同士をビス止めする時は1か所につき、ビスを最低2本打ちます。

木材同士のつなぎ目が広かったり長かったりする場合は適当にビスを増やします。

それでは個別に組み立て方のポイントをみていきましょう。

棚の枠を作るポイント

まず最初は棚枠を作ります。

自作水槽台棚枠の作り方

棚枠を作るときは、天板や棚板をのせる側を水平な床や作業台に向けて作ります

ずれないように、しっかり押さえながら下穴をあけ、ビスを打って枠を作ります。

水色で囲った角のビスは、足を取り付ける時にビスが干渉しないよう考慮した位置にビスを打ちます。

その為、ここでは角の2本のビスは間隔広めに打っておきます。

同じように棚枠を2個作ります。

下段の棚枠のポイント

自作水槽台下段の棚枠の作り方

2つ作った棚枠の内、下段に取り付ける棚枠には、棚板(グレー部分)を先に取り付けておきます。(重要)

ビスを正確に測って打ちたい場合

ビスの位置などマーカーできる1×4や2×4材専用の定規というのがあるので、気になる方はチェックしてみてください^^

ラクダ ツーバイフォー定規

足の取り付けポイント

自作水槽台の足の取り付け方

天板側の棚枠から足を取り付けます。

天板側を床(水平)に向けて足を取り付けます。

さきほど間隔広めに打った棚枠のビスと干渉しないよう、足のビスは少し狭めて3~4本ビス止めします。

下段の棚枠の取り付けポイント

自作水槽台下段の取り付けに便利な方法

水槽台を表に向けて下段の棚板を付けます。

取り付けたい高さの木片などがあると、下段取り付けが楽になります。

※木材カットの時に端材などで作っておくと吉。

下にかましてビス止めできるので楽チンです。(オレンジ色部分が木片の例です)

天板の取り付けポイント

自作水槽台天板取り付け

骨格が出来たら、あとは天板をのせて上からビスを打つだけです。

ビスは僅かにめり込むぐらいに打った方が良いでしょう。

天板の表に穴をあけたくなければL字の留め具などで裏から固定します。

これで水槽台の完成です。

組み立てポイントまとめ!

基本的にロータイプ(1段仕様)でも作り方、注意点は同じです。

どちらも簡単にいうと棚枠を作ってから足を取り付けて天板をつけるだけです。

製作手順で下段の棚板(下段の灰色部分)を先に装着しておいたのは、あとから棚板を入れる場合、ジャストサイズだと入らなくなる場合があるので先に取り付けておきました。

後から棚板を取り付けたい場合は棚板の幅を5mm程度小さ目に作っておくと安全です。

ちなみにこの想定で使用したビスは64本でした。

実際に基本同じ構造で水槽台を作っている実践記事大型水槽台のDIY!土台となる骨組みから製作

大きくなってもやることは同じです!

水槽台の組み立てまとめ

  • 必要な工具は電動ドリル
  • しっかり押さえて下穴とビスを打つ。
  • 水平を出したい面は、床などを利用する
  • ビスが干渉する可能性があるところは考慮しておく
  • 下段の棚板は先につけておく
  • 下段の高さの端材を作っておくと吉

水槽台の補強やアレンジ

水槽台の補強やアレンジについては沢山あるので、少しだけご紹介します。

その1.ハイタイプを補強

例えばハイタイプを補強をしたい場合は、ロータイプでご紹介した紫部分の様な補強を追加します。

これでかなり頑丈になります!

その2.足の材木を変更する

側面の足材を板状の木材に変更した例

側面からキャビネット内が見えて欲しく無い人は、足に使用する木材を1×4材などから、天板で使うような板状の材料に変更します。

足の形状は変わっても、基本的なつくりは同じで棚枠と足の構造です。

さらに背面に板を取り付けても補強できます。

3.アレンジの実例

ハイタイプの構造で奥行があるので、足を6本にして梁を増やしています。

基本的に材料を足し算すれば強度はあがるので、あとは必要に応じで自分のアイディアで補強するのも楽しいですね。

水槽台の完成度を上げるポイント

ここからは自作水槽台のエピローグになります。

でもカッコ良くしたり、オシャレにするのはここからが重要だったりもします。

それでは個人的に水槽台の完成度があがるポイントの紹介です。

水槽台の塗装をする

自作60cm水槽台塗装済み

個人的には塗装の作業は苦手でしたくありません。

しかし、これをするのとしないのとでは出来上がりの満足度に雲泥の差が出ます。

なのでしぶしぶ塗装します(笑)

もし水槽のある部屋で塗装する場合は水性塗料推奨です。

水性塗料の場合、水で薄めるだけで自分の好きな濃さに調節できます。

水で薄めれば大体の色はいい感じに木目が出てきます。

また塗料から揮発する溶剤も水なので生体への影響がありません。

屋外で塗装できる場合は基本的に好きな塗料を使えばいいと思います。

塗装をする場合は、面倒ですがいきなり水槽台に塗るのではなく端材で塗り色サンプルを作ってからチャレンジするといいですね!

塗装の仕上がりUP

サンダー

塗装をする場合であれば塗装前に木材にヤスリをあてると仕上がりと手触りが良くなります。

面倒ですが、やるだけのことはあったりするので、私も要所でちょっとだけ磨いたりします。

サンダーを使うと楽ですね。

RYOBI ミニサンダー

ビスを隠す

ビスが目立たないように作ると、完成度が上がった気がします。(裏からビス止めするなど)

ダボ埋め(ビスを上から埋める方法)などでビスを隠すこともできます。

ビスが見えてるDIY感がいい人は、そのままいきましょう!

扉をつける

この記事では紹介していませんが、私はキャビネット内の目隠し代わりに戸を製作します。

しかし、普段だいたい開けっ放しになるのであまり活躍しません(笑)

設計はここで紹介しているような感じです⇒DIY!簡単自作水槽台の扉の設計方法!

機能性だけでいえば、扉は無い方が便利ですが、完成度をあげるということであれば、目隠しを考えて作ってみるのも良いと思います。

水槽台をはじめて自作する人へ

長い記事で、初めての方にはわからりづらい部分もあると思います。

とりあえず、ある程度想像できれば一回作ってみるのが一番勉強になります。

棚であればこの構造で3段4段と増やせばいいだけですし、1段の構造ならベンチや机などになります。

作れるようになると、いろいろなものをジャストサイズで作れるようになるのでなかなか便利ですよ!

簡単なので是非1度チャレンジしてみてください( ̄∀ ̄)v

それではよいアクアライフを!

水槽台を作ったあとのお楽しみですねアクアテラリウムの作り方!水槽で生き物の飼育と水草植物の栽培を楽しむレイアウト方法

絶対楽しいアクアテラリウム



フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。フォローしていただけると管理人の励みに大変なります。

HOME

人気の投稿とページ

初心者向けDIY!簡単水槽台の自作方法や設計図、注意点など
自作!オーバーフロー水槽の台座DIY!三重管の作り方など!
日本のスッポン飼育!ベビーや幼体からの飼い方
アクアテラリウムの作り方!水槽で生き物の飼育と水草などの栽培を楽しむレイアウト
アクアリウムの水槽の水替えを楽にする簡単ポンプDIYアイディア
家具のような自作おしゃれ水槽台を目指した結果!!

-DIY, 水槽台
-, , ,

Copyright© となりのアクアリウム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.