塩ビやアクリルでワッシャーを自作する!リング状の輪っかのDIYと使い方について

JIROです!

今回は『塩ビ』や『アクリル』の工作で使えるワッシャーの自作をしてみたので、使い道や作り方を紹介します。

それではさっそく参りましょう。

板材を用意する

まずは自作したいワッシャーの材質の板材を用意します。

もちろん端材で十分です。

固定する

用意した板材をクランプで固定します。

ドリルが貫通するので、下には不要な木材などを敷いておきます。

クランプ

ホールソー

穴を開けるために、ホールソーを大小2つ用意します。

ここで用意する2つのホールソーはセンタードリルの径が同じものか、もしくは大ホールソーの方がセンタードリルが太いという組み合わせ*にします。

※同じシリーズのホールソーを使えば、あまり気にする必要はありませんが、違うメーカーで大小のホールソーを組み合わせる場合はセンタードリルの太さに注意しておきます。

小ホールソー

最初は小ホールソーで穴あけをします。

小ホールソーのサイズ=ワッシャーの内径となります。

穴をあけた後も、クランプは外さずにそのままの位置にしておきます。

大ホールソー

次は大ホールソーで穴をあけます。

小ホールソーであけたセンタードリルの穴に合わせて、大ホールソーを重ねて穴をあけます。

ワッシャーの外径のサイズは、大ホールソーのサイズより少し小さくなります。

Tips:センタードリルの径を大小のホールソーで揃えた理由は、この工程で大ホールソーのセンタードリルの方が細かった場合、センターが定まらず、ドリルの軸がブレてしまうためです。なので大ホールソーのセンタードリルの方が太い場合も問題ありません。

ホールソー

バリを取る

ワッシャーのバリを取る場合や研磨する場合は、手で紙やすりなどで削るか、電動工具を使うならボルトとナットなどがあると便利です。

ネジとナットにセッティング

まず出来た自作ワッシャーを適当なボルトとナットを使って挟んで固定します。

直接金属にあてると、スリキズが出来やすいので気になる場合はゴムワッシャーなどを噛ませて保護します。

電動ドリルで研磨する

ボルトに自作ワッシャーを固定できたら、電動ドリルに咥えさせて回転させながら、研磨ペーパーやヤスリなどに押し当てることでバリ取りや研磨を行えます。

Tips:磨くと外径は徐々に小さくなっていきます。

内側を磨く

電動工具で自作ワッシャーの内側を磨く場合は、ルーターや電動ドリルに研磨用のビットなどをつければ磨く事ができます。

ルーター

完成

自作ワッシャーの完成です。

アクリル・塩ビは熱で溶けやすいので電動工具で磨く場合は、回転速度は少しゆっくりめの方が無難です。

注意点

ここでボルトに自作ワッシャーを固定する時の注意点を紹介しておきます。

基本的には『ボルトの軸径』と『自作ワッシャーの内径』が同じが好ましいですが、自作ワッシャーの内径によってはボルトの軸径と合わせられないこともあります。

そうなると、自作ワッシャーをボルトのセンターに揃えるのが難しく、またセンターに固定出来ても研磨作業中にズレる可能性があります。

スペーサー

一応その解決策の一つとしては、中にスペーサー的なものを入れることが挙げられます。

ここでは自作ワッシャーの中に、さらに小さなワッシャーを入れてセンターを確保しています。

Tips:もし最初の小ホールソーであけた時に出来る、中心の端材がキレイに残っていれば、スペーサー代わりにすることが出来るかもしれません。

使用例

最後に今回のDIYで作った自作ワッシャーの使用例を紹介します。

パイプを固定する補強パーツとして

まずは自作ワッシャーをパイプに固定するための補強パーツとして使ってみた例です。

ここでは自作ワッシャーの内径をパイプに合わせることで、パイプをしっかりホールドしながら板材への接地面を増やし、より強力に接着できるようにしてみました。

円形のフタ受け

次は円形のフタ受けに使用してみた例です。

フタの穴に合わせて大きなワッシャーを作って、裏から接着しています。

ちなみに円形のフタは、穴をくり抜いた時にできる中心の端材*を利用しています。

センタードリルであいた穴も、フタに取っ手を付けるのに丁度よいので効率よく作成できます。

※ここでいう端材は、ワッシャー製作時の端材でははく、黒い部分にあけた時の端材です。

終わりに

自作ワッシャーは頻繁に必要になることは無いと思いますが、作ってみると意外と使い道がありそうなので、今後も頭の片隅にでも置いておこうと思います。

以上、自作ワッシャーの紹介でした。

それではよいDIYライフを。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします└|∵|┐♪└|∵|┘♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました