DIY 加工

チップソーで塩ビ板にスリット加工を入れる方法!

2020年3月18日

こんにちは!DIYはしてる時間より考えている時間の方が長い、となりのアクアリムです!^^

『塩ビ板にスリットをいれたい !』って人は、あまり居ないかもしれませんが、アクアリウムの工作をしていれば稀にそんなこともあります。

いつもはスライドソウという機材を使うのですが、持ってる人がそもそも少ないので、今回は一般的な機材チップソーでスリットを入れられないか考えてみました!

※お約束!DIYは自己責任です!とくに機材に工夫を施すのは大変危険です。十分に気を付けて作業しましょう!

端の切れていないスリットを作る

端の切れているスリット加工塩ビ板

私はこれまで『端まで切れているスリット 』しか作ったことがなかったので、

今回のチャレンジにあたり、端が切れていない状態のスリット加工を目指して作業します!

⇒スライドソウでスリットを作っている作業風景

使用したチップソー

今回使用したチップソーは昔にホームセンターで買ったRELIEFという安めのメーカーのやつです。

他にマキタ製のチップソー( LC0700F )もありましたが、このチップソーはシンプルに作られているので、自分で工夫する余地があったので、こちらを選びました。

クイックバイスを取り外す

まず、そのままだと、刃を降ろすと板材の端が切れてしまうので、チップソーのバイス部分を取り外します。

六角ネジで簡単に取り外せるようになっていました。

取り外しました。

注意!機材に工夫を施したりするのは危険が伴います。良い子はマネしちゃいけないやつなのでご了承くださいm(_ _)m

セッティング

セッティングは写真のようにチップソーの下に空間ができるように底上げします。

各所、底上げして間を空けたのは板材をクランプする時に便利だからです。

板当て(ガイド)は塩ビ板を添わす所なので真っ直ぐに設置します。

板当て(ガイド)のセッティング詳細

板当て(ガイド)は、細長い塩ビ板を20mmのCクランプで両側を固定して作りました。

板当ての幅は1cm以下くらいのほうが、刃を降ろした時に丸鋸のカバー部分が引っ掛かり難くなります。

※塩ビ板を使用したのは家に端材が沢山あるからです。板当ては丸鋸を下した時に当らないものだったらなんでもよいです。細長い定規とかで固定できればメモリもついてて、ベストかもしれません。

板材の固定

板材の固定は、塩ビ板をガイドに沿わせて適当なクランプで挟みます。

板材を固定するクランプはネジを回すタイプより、洗濯バサミの様な形で強力に咥えてくれるタイプが作業性良しです。

実際に作業してみた

これからスリット加工の作業する度に、木を積んでセッティングするのが面倒だと思い、先に台を適当に作りました!

面倒臭い事を回避するために、面倒臭い事をするのはDIYあるあるだと思っています( ̄∀ ̄)

カット開始

実際にカットする時は塩ビ板に印をつけて、無回転状態で一度印に合わせてからカットしました。

板当て(ガイド)がずれているとスリットが斜めに入るので、試し切りしてから本番に臨むのが良さそうです。

あと、このチップソーは回転速度の調節きいたので、少し遅めにしました。(早すぎると溶けたり、割れやすくなりそうかと思い)

カット終盤

塩ビ板にスリットを入れるDIY

最後の方はクランプするのが厳しくなってきますが、飛び出た板当て部分も一緒にクランプしたりして、問題なく固定できました。

※端の方にきて、最悪板材を固定できない場合は、裏に向ければ余裕を持って固定できます。ただし、実用には問題ないのですが、刃の向きが変わり、裏と表でスリットの仕上がりが変わります。

RELIFE チップソー

使用した刃

出来上がり

1cm間隔のスリット

こんな感じで端を切らずに塩ビのスリットを入れることができました。

この丸鋸だと、最大12cmのスリットまで入れられます。

スリットを12cm以下にしたい時は一定の位置で止まるような工夫が必要ですね。

スライド丸鋸

スライド出来るタイプのチップソーもあります。

これなら直線カットもスリット加工も自由自在かも?と思いを馳せてます。(エアプなのでわかりませんが)

もう機材の置き場のない私はとても買えませんが、まだ何も機材を持っていなかったら、ちょっと試してみたかった機材です!

終りに

今回ご紹介した方法は使用するチップソーによって作りが違うので、それぞれでの対応が必要になります。

またスリットを入れたい塩ビ板のサイズによっても、工夫が変わるかもしれません。

やっぱり、なかなか簡単にスリットは入れられないな~っと思いました( ̄∀ ̄)

あと回転する丸鋸相手になるので、作業や工夫には十分に気を付けてDIYしてください!

怪我したら折角の楽しい時間が台無しですから…( ´Д` )

それではよいアクアライフを!

RELIFE チップソー

フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。フォローしていただけると管理人の励みに大変なります。

HOME

人気の投稿とページ

初心者向けDIY!簡単水槽台の自作方法や設計図、注意点など
日本のスッポン飼育!ベビーや幼体からの飼い方
自作!オーバーフロー水槽の台座DIY!三重管の作り方など!
カブトニオイガメの飼育方法!初心者にオススメなカメの簡単な飼い方!
アクアリウムの水槽の水替えを楽にする簡単ポンプDIYアイディア
塩ビ管で集中濾過の配管をする自作オーバーフロー水槽!

-DIY, 加工

Copyright© となりのアクアリウム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.