日本のドジョウ飼育!初心者からおすすめできる淡水魚

古くから身近な淡水魚の1つであるドジョウ。

日本には沢山の種類のドジョウが生息しており、飼育が簡単なものから難しいものまで様々です。

今回は数あるドジョウの中から、タンクメイトとしても優秀なドジョウ(マドジョウ)の飼育方法について紹介します。

それではさっそく参りましょう!

ドジョウとは

ドジョウ(マドジョウ)は日本の在来種で体の模様は個体によって変わります。

いわいる底物の魚で水槽内でも下層を中心に行動します。

ちなみに餌用で流通しているものは、よく似た中国産のドジョウやカラドジョウである場合があります。

TIPS:日本には2017年に和名が提唱された、ドジョウとよく似たキタドジョウという種もいます。キタドジョウは福井県、神奈川県以北の本州と北海道に分布し、ドジョウとの間では生殖隔離が成立しています。また一部の離島にも固有種と思われるドジョウが確認されています。

ドジョウの生態

ドジョウの生態

ドジョウは水田や池沼のような、流れのない泥底や植物の豊富な止水域などを好み生息します。

水中の酸素が少なくなると、水面に上がって空気を口から取り入れて腸で呼吸することができるため、比較的に酸欠状態にも強い魚です。

分布域

日本のドジョウの分布図
参考資料:山と溪谷社 日本の淡水魚(2019)176P

ドジョウの分布範囲は非常に広く、日本各地に生息しています。

※ソフトの都合上、一部を除いて都道府県ごとの色付けになっています。離島などの分布については詳細不明です。

TIPS:北海道のドジョウについては放流由来の集団の可能性も指摘されています。

繁殖

ドジョウの繁殖期は5月〜8月です。

水温の高い水田や一時的水域などに移動して、オスがメスに巻きつき産卵します。

水槽内での自然産卵は難しいと言われています。

雌雄判別(見分け方)

ドジョウの雌雄判別方法

雌雄の判別は、オスの胸鰭は大きく尖り気味で、メスの胸鰭は小さく丸みがあります。

また成熟したオスは背鰭付近がやや膨らみます。

最大全長

ドジョウの大きさは成魚で10cm〜15cmくらいです。

最大で20cm程度まで成長すると言われています。

寿命

水田域などの野外では1年〜2年と考えられています。

TIPS:飼育下では10年以上生きることもあります。

食性

食性は雑食性で、泥や砂ごと吸い込みながら摂餌します。

ドジョウの飼育方法について

ドジョウの飼育に必要なものは『水槽』『フィルター(ろ過器)』と、砂利や隠れ家になる『レイアウト素材』です。

まだ水槽が無い場合は、ドジョウを入手する前に水槽を立ち上げておく必要があります

TIPS:水槽を立ち上げは、レイアウトやフィルターをセットして1ヶ月ほど水槽を試運転して行います。

水槽の大きさ

水槽サイズは一般的なS~Mサイズから終生飼育可能です。

飛び出しやすいので、水槽にはフタを設置します。

TIPS:フタの少しの隙間からでも飛び出すことがあるので、水位を少し低くしたり、フタを工夫してなるべく隙間が無くなるよう心がけます。

水槽セット

レイアウト

水槽のレイアウトはシェルターや流木や石を使って、隠れられる場所を用意するとドジョウが安心します。

水草を使いたい場合は、ドジョウは砂を掘るので流木などに活着するタイプがおすすめです。

TIPS:水槽に敷く砂利は、ドジョウが砂に潜ったり砂ごと吸い込んで摂餌する姿が見れる細かい砂がおすすめです。

ろ過フィルター・水質

ドジョウのフィルター

水槽のフィルター(ろ過器)投げ込みフィルターなど、簡易なものから飼育できます。

水は必ずカルキを抜き、週に1/3~1/2程度の水換えを行います。

TIPS:水替えサイクルの中に魚の食欲が落ちたり、状態が悪くなる場合は水替えの頻度をあげたり、水槽を大きくして対応しましょう。

カルキ抜き

水温・ヒーターについて

水温については室内であれば、あまり気にすることなく、冬でもヒーター無しで飼育することができます。

ドジョウは比較的に高温にも強い魚ですが、目安は10℃~28℃までくらいに飼育します。

照明

照明は明るい室内であれば無くても構いませんが、簡単なライトをつけて昼夜のメリハリをつけておきます。

水草を入れている場合は、水草に合った照明を使用します。

テトラ エコライト

照明の管理方法

照明時間の管理は自動で照明のON/OFFをしてくれるプログラムタイマーを使うと規則正しく照射できるのでとても便利です。

プログラムタイマー

ドジョウの餌

ドジョウの餌沈下性のものを選びます。

ドジョウは何でもよく食べるので、特にドジョウ用でもなくても構いません。

ただ水槽に導入して間もない頃は、餌を食べない事もあるので様子を見ながらエサが余らないよう給餌します。

エサ

ドジョウの混泳について

ドジョウは温和なので混泳に向いています。

ドジョウにイタズラしない魚であれば、ドジョウ以外の魚とも混泳に向いています。

細かくなって底床に溜まった餌も食べてくれるので、タンクメイトとしても優秀です。

混泳している魚の餌がドジョウにまで行き届くようであれば、ドジョウ用に餌を与えなくても大丈夫です。

ドジョウの入手方法

ドジョウの入手方法はネットショップはもちろんのこと、店頭でもよく販売されているためペットショップやホームセンターでも簡単に入手可能です。

ドジョウは全国的に分布しているため、自分で川で採取することもできます。

TIPS:日本の淡水魚は途方ない時間をかけて育まれた地域ごとの遺伝子があります。簡単に手に入るドジョウですが、国外の種はもちろん日本のドジョウであったとしても絶対に放流しないようにしましょう。

ガサガサでの採取

ドジョウのいる川

ドジョウを採取する場合は、近くに田んぼがある小川や水路などによく居るのでオススメです。

タモ網で砂ごと掬ったり、水際の植物をタモ網でガサガサすると採取できます。

↓初心者のためのガサガサはこちら

おわりに

ドジョウは珍しい生き物ではありませんが、可愛さも飼い易さも日本の淡水魚屈指だと思います。

多くの地域で採取することができるので、川遊びで採取を狙ってみるのも楽しいひと時になるはずです。

気に入った方は是非水槽の一員に迎えてみてください。

それではよいアクアライフを。

参考資料

日本のドジョウ

初心者から上級者まで楽しめるであろうドジョウだけに絞った素晴らしい図鑑。

著者はツイッターでも有名なオイカワ〇さん。

日本の淡水魚

圧倒的な情報量と素晴らしい写真の数々。

サイズこそハンディですが、主要な部分はオールカラーで500ページ。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします└|∵|┐♪└|∵|┘♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました