DIY 大型オーバーフロー水槽製作記

自作OFの経過観察!想定外のトラブルとまさかの水漏れでおこする

2019年10月13日

ついに自作オーバーフロー水槽が完成したのですが、実は問題も発覚していました。

ショッキングな事だったので、完成した喜びの記事とは別に経過観察を含め、愚痴ろうと決めた次第です(笑)

まずは愚痴その1

アクロLEDのフリッカー

まずは久々にアクロLEDを点灯して撮影をした時に発覚します。

それがこがこちらの写真。

去年主力で使っていたカメラRICOH GXRやiphoneでは起きないのですが、最近購入したLUMIX G8だとモニター画面に終止この黒い線が下から上へと流れていきます。

※i pod touchでした。i phone 6sでもうっすらと太い線が見えました。

カメラ素人の私は最初はカメラの不具合かと思いましたが、調べてみるとフリッカーという現象だということがわかりました。

フリッカーとは

ライトのチラつき。目で認識出来ないライトの点滅をカメラが拾ってしまっています。

シャッタースピードを/100くらいまで落とすと黒い線が消えるので恐らく間違いないかと思います。

実はGXRでもやっぱり拾うフリッカー

ちなみにRICOH GXRではモニターには映らないものの、シャッタースピードを上げて撮影するとタイミングによって明暗が激しく違いました。

明るい
暗い

これじゃー困る(T_T)

照明を沢山設置した理由

今回用意したアクロLEDは45cm用とは言え6台です。

ブログを始めてから魚の撮影をすると、ある程度しっかり映った写真を意識し始めました。

そうするとシャッタースピードを稼ぐためには照明が必要だとなり、撮影用の照明も兼ねて、かなり多めに照明を用意しました。

※通常時はタイマーを2つ使って、基本は3台づつ点灯させる予定でした。

ジレンマ

つまり、シャッタースピードを稼ぐために用意した照明がシャッタースピードを上げると黒い線が入るのでシャッタースピードがあげられないジレンマに陥りました。

チャームのアクロLEDはすごく明るくて安い良品だと思いますが、まさかの落とし穴です。

せっかく照明を沢山用意したのに思うように事が進みません… ( ´Д`)

ただググってみてもアクロLEDでフリッカーについて言及している記事があまりないようなので、ここまではっきり映るのは特殊な例なのかもしれません。

ちなみに動画で撮影してもこの黒い線がもちろん入ります。

新しく買ったカメラでは水槽の動画撮影もできなさそうです。

がっかり。

フリッカーの起きないLED照明

同じLEDでも家にあったテトラのシリーズだとLumixG8でシャッタースピードを1/1000以上にしてもフリッカーは起きませんでした。

今後の照明選びはこのあたりも考慮しようと思います。

配管から水漏れ

配管からの水漏れはある程度の場所で想定していました。

特に自作ピストルは自作当初は自信満々だったのですが、時間が経つにつれ本当に大丈夫か不安を覚え初めていたのですが、水漏れなく使用できて一安心でした。

⇒ピストルの自作

想定内の水漏れ

配管の非接着部分で、継手と継手が隙間なくジャストで配管した部分が少し水漏れしました。

ここはそもそもちょっと失敗してパイプが短くなって差込が浅く、ダメ元だったので想定内です。

シールテープを巻いて再度突き刺して処置終了です。

とりあえず漏れてこなくなりましたが、時間とともにまた漏れてくるようであれば作り直します。

想定外の水漏れ

今回の本題です。

運転開始してからしばらくして気づきます。

自作した防滴電源タップの上が水浸しになっていました!

適当な防滴ですが、とりあえず漏電はしなかったのでちょっとは作った甲斐がありました。

そして原因の想定外の水漏れがこちら。

どこから漏れているかというと、コックの隙間から水漏れしています。

そう、まさかのバルブの初期不良。

アクロのLEDは性能上の問題ではなくこっちの勝手の話ですし、他の配管の水漏れも自分の施工ミスなので許せるのですが…

 

ただし初期不良、テメーはダメだっ!!

 

この分岐管の製作は夜まで失敗し続けて、数多の不良品を生み出してやっと成功した子です。

配管の屍たち

それが部品の初期不良、こんな仕打ちはありません。

God is deadかよ…

もちろん接着しているので、バルブ1つだけの交換は不可。

チャンバーモドキや他のバルブやユニオン継手まとめてすべておじゃんです。

作り直しに必要な部品を確認すると約4000円分。

俺なんも悪くないのに…。゚(゚´Д`゚)゚。

とりあえずコーナンプロに相談

正直、購入したバルブは(バルブの中では)価格も安く(400円くらい)農業用で一般配管(宅内含む)には使うなとか書いてあるし、最悪僅かの水漏れは補償対象外とか言われるかも…

など思いつつ、購入したコーナンプロに相談したらメーカーに連絡してくれるとのことで返事を待つ事に。

偉大なるマーフィーの法則

コーナンに相談したあと家に帰ると…

水漏れが止まっている!!!

 

コーナンに相談して事を大きくしてからコレだよ…

そしてメーカーからあった返答が…

 

 

『現場にお伺いして修理させていただきます!』

 

いや、まじか!!

まさかの神対応。

神はまだまだ死んじゃいない!!

でも、もう漏れてない (´・ω・`)

勘違い?でもまさかね?そんなこと~言え~ない~ ♪~( ̄ε ̄)

困った末に…

漏れてない状態で来てもらっても困るし、引くに引けないので『バルブだけでも部品くれたら許してやんよ』的な態度に出ることに。

そして現場での修理を断ったあと、めでたく(?)再度水漏れしてきたので…

他の部品を自腹で購入することになりました。

さらに驚くべきことに自腹で部品を揃えたらまた水漏れが止まるという神がかったマーフィーの法則を発動させ、とりあえず今はこの状態。

※マーフィーの法則…洗車すると雨が降る的なジョーク。

プラ製のふたを裏返したものの上にタオルスタイル

またそのうち漏れだすのでしょうが、とりあえず今は後廻しにすることにしました。この件はもう疲れた。

教訓:これからバルブは消耗品かつ初期不良もありえるからユニオン継手でサンドイッチにして単体でも交換できるようにしたいと思います。

以上、オーバーフロー水槽完成後の経過観察という名の愚痴でした!

大型オーバーフロー水槽製作記 NEXT>>OF製作記。濾材をもっと流動させたいDIY

大型オーバーフロー水槽製作記 BACK<<流動ろ過式自作オーバーフロー水槽システム完成!

大型オーバーフロー水槽製作記 BACK TO TOP<<<大型オーバーフロー水槽の自作!水槽台のデザインや設計図

フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。フォローしていただけると管理人の励みに大変なります。

HOME

人気の投稿とページ

初心者向けDIY!簡単水槽台の自作方法や設計図、注意点など
日本のスッポン飼育!ベビーや幼体からの飼い方
オヤニラミは混泳可能?色々な日本の淡水魚と混泳してみました!
アクロのLEDライト!GROWとBRIGHTを比較レビュー!!
自作!オーバーフロー水槽の台座DIY!三重管の作り方など!
アクアリウム用電源ラックを自作!水槽の配線が整理されたキャビネット内を目指すDIY!

-DIY, 大型オーバーフロー水槽製作記

Copyright© となりのアクアリウム , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.