DIY!アルミアングルで作る水槽用のフレーム

JIROです!

今回は初心者向けに水槽のフタなどに使えるアルミフレームを作る時のポイントを紹介します。

基本的なアルミフレームが作れたら、レールやネットを取り付けて様々なタイプのフタがつくれるようになります。

それではさっそく参りましょう。

フレームの作り方

まず今回作るフレームの作り方についてです。

フレームの作り方をざっくり説明すると、アルミアングルを水槽サイズに合わせて切り出して、ネジで接合して作ります

簡単に言うとこれだけですが、製作時のポイントがいくつかあるので紹介します。

アルミアングルの重ね方

アルミアングルの重ね方は写真のように2通りあります。

ここでは正面から水槽を見たときにアルミアングルの断面が見えにくくなる2番で作っていきます。

※何故こんな些細な仕様に言及するかというと、アルミアングルの切り出しの時の長さに関わってくるからです。

フレームの設計方法

まずアルミアングルをカットする長さを算出します。

気をつける点はフロント側とリア側(図の緑部分)のアルミアングルをカットする長さは水槽より少し長めにしておくことです。

フロント側とリア側の長さについて

フロント・リア側のアルミアングルを少し長めにカットする理由は、両サイドのアルミアングルの厚みを考慮したためです。

カットする長さは水槽の幅+(使用するアルミアングルの厚み×2)+1mm~2mm程度で計算すれば大丈夫です。

1mm~2mm程度余裕を持たせたのは、ジャストサイズ過ぎるとカット作業や組み上げ工程の誤差で、少しでも小さくなると水槽にはまらない事になりかねないからです。

ただ余裕は持たせすぎても問題がでるので、1mm~2mmの範囲で抑えておきます。

サイド側の長さについて

サイド(図の橙色部分)のアルミアングルの長さは、水槽の奥行き+1mm程度の計算で大丈夫です。

今回の作り方だと、奥行き側は組み立て工程で短くなる心配もないので、余裕が1mmあればほとんど問題ありません。

※つまりアルミアングルの切り出しで1mm以上の誤差が出ないように気をつけます。

↓アルミアングルのカット方法はこちら↓

水槽の幅は実際に測る

アルミアングルの長さを算出・カットする前に水槽の大きさは実際に測っておきましょう

水槽の幅・奥行きは購入時の表記とミリ単位の誤差がある場合があります。

ネジ位置の設計

アルミアングルがカットできたら次はネジ穴の位置を決めます。

ネジ穴はアルミの接合部分1カ所に対して2つ開けます。

TIPS:1カ所に対してネジを1つだけで止めるとアルミアングルがグラグラします

ネジの位置と水槽の関係

ネジ穴の位置で考えておく点は、ネジをつけた後に『水槽のフチにネジが当たるかどうか』です。

ここでは水槽のフチにネジが当たらないように作っています。

もちろんネジが水槽に当たるように作っても良いですが、左右で水槽へのネジの当たり方が同じようになる位置にしておきましょう。

左右でネジの当たり方が違いすぎると、フタを載せた時にガタガタになる可能性があります

ネジ同士の位置

ネジ穴同士の位置にも気をつけます。

2つのネジ穴の位置が近すぎると、ネジをつけた時に頭やナットがぶつかる可能性があります。

穴の大きさ

ドリルであける穴の大きさは使用するビスと同じで大丈夫です。

3mmのネジで止めるのであれば、3mmのドリルを使用します。

↓アルミアングルに穴をあける方法はこちら↓

穴あけガイドを作る

ネジ穴の位置を考えたら、アルミアングル端材で『穴あけ用のガイド』を作っておくと便利です。

ガイドの長さは短くても構わないので両端に『設計と同じ位置に穴』をあければガイドになります。

後述しますが、ガイドはフロント側の分だけで大丈夫です。

ガイドの穴だけ正確にあければ、あとはガイドを重ねて穴をあければ良いだけなので、穴も揃って気が楽です。(左右に計4つ穴をあけます)

ガイド製作の注意点

ガイドを使って穴をあける場合には注意点があります。

ガイドを使って穴をあけると、実際にはアルミの厚みの分だけズレて穴があきます。

なのでアルミガイドを作る時は、アルミアングルの厚みの分だけ穴がズレることを考慮して製作ます。

Tips:穴あけガイドの被せ方で内側にズレるか外側にズレるかは変化します。図の赤いガイド部分を下にして、下から穴をあけるような場合は内側にズレるようになります。

アルミアングルの組み立て

アルミアングルの組み立て作業です。

まず穴あけガイドをカットしたアルミアングルに被せて穴をあけていきます。

フロント側とリア側の穴あけ

まずガイドを使ってフロント側のアルミアングルに穴を開けます。

アルミアングルとガイドの端を揃えて、クランプなども使いしっかり抑えて動かないようにして左右に穴をあけます。

リア側のアルミアングルはフロント側と同じなので、同じようにガイドを使って穴を開けます。

奥行き側に穴をあける

次はサイド側のアルミアングルに穴をあけます。

サイド側のアルミアングルは先ほど穴をあけたフロント側やリア側のアルミアングルをガイドにして穴をあけます。

写真のように実際に組むフレームの形にしながら、フロント側やリア側のアルミアングルを重ねて穴をあけていきます。

穴をあける時は、アルミアングルをクランプなどでしっかり抑えて作業時にズレないようにします。

TIPS:写真のように木の端材の直角で固定して穴あけすると作業し易いです。クランプする場合は写真のように、クランプを噛ませられる台が必要になります。

クランプ

便利な簡易台

ネジで止める

アルミアングルに穴をあけたらネジで止めていきます。

使用環境にもよりますが、ネジはステンレス製やプラ製などサビにくいものがおすすめです。

ここでは3mmのステンレス製のネジを使用しました。

完成したフレーム

これで基本のフレームが完成しました

あとは水槽に載せてみて問題なければネットなどをつけていきます。

アルミアングルは接着材もつかえる

ここではフレームをネジ止めして組みましたが、接着剤でも可能です。

接着剤で組むと基本的にバラせなくなりますが、製作は手軽になります。

アルミに適合している強力な接着剤であれば頑丈に接着できます。

強力接着材

フレームを作った後

アルミでフレームを作ったあとはネジでネットなどを取り付けてフタにします。

ネットをつける場合は、フレームの角のネジを利用して取り付けたり、あとは必要に応じてネットに合わせながら穴をあけネジ止め箇所を増やします。

※ネットの目は3mm角のものを使用しています。

ネット

スライド式にする

アルミアングルにEレールを取り付けるとスライド仕様のフタも作れます。

スライドをつける作業はこちらで紹介しています⇒DIY!カメ水槽にスライド式のフタをつけてみた。

Eレール

使用するアルミアングルについて

アルミアングルでフレームを作る時は、アルミの面が広いものの方が作りやすくなります。

12mm×12mmなどの細いアングルの場合は、ネジ穴の位置が難しくなるので、接着して組んだ方がよいかもしれません。

不等辺のアルミアングルを使えば、ネジ穴を作る面は広くして、水槽に掛かる面は少なくすることもできます。

終わりに

以上、水槽用のアルミフレームの作り方でした。

もちろんDIYなので、この作り方が正解というわけではないので、参考の1つとして見ていただければと思います。

それではよいDIYライフを。

↓フタのDIYまとめ記事はこちら↓

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします└|∵|┐♪└|∵|┘♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました