DIY ろ過槽・配管

おすすめポンプ!サンプ・濾過槽で使用する場合

JIROです!

オーバーフロー水槽をする時に私がおすすめするポンプはエーハイムのコンパクトオンシリーズです。

アクアリウム用ポンプの性能なんて大差なさそうですが、サンプ(濾過槽)で使用するならコンパクトオンは良いと思います。

というわけで、今回はコンパクトオンシリーズが何故良いのかちょこっと紹介します。

13Aが使える小型のポンプ

まず小型のサンプであればコンパクトオン600がおすすめです。

コンパクトオン600はホースはもちろん接続できますが、13Aの塩ビ管が直接突き刺さります。

小型のオーバーフロー水槽でもそのまま塩ビ管で組むことができます。

※ただし13Aの内径の誤差によってきつかったり緩かったり多少あります。

エーハイム600(50kz)

・コンパクトオン300は?

600より下のサイズにコンパクトオン300がありますが、個人的にはあまりおすすめではありません。

300は形状、サイズなど600と同じ寸法なので13Aの塩ビ管が使えるものの、消費電力も同じで流量だけ落ちています。

流量を減らすことは600でも可能なので、特別な理由がない限り300を選ぶ必要ないでしょう。

流量調節用バイパスを作る

ポンプの流量をバルブで調節する場合、もったいないのでバイパスを作っておくのがおすすめです。

これだと水槽への流量を絞った分だけ、ウールボックス・濾過槽に戻るので無駄なくポンプの力を濾過に使えます。

※活性炭を使用したい場合、バイパスからの排水のところに入れたりもできます⇒ウールボックスに活性炭を設置する

中型、大型水槽のポンプ

中型や大型で使う場合はコンパクトオン1000や2100がおすすめです。

ホースはもちろん使えますし、こちらも塩ビ管を使える作りになっています。

ホースを使う場合はコンパクトオン付属のアダプターを取り付けます。

・塩ビのバルブソケットが使える

コンパクトオン1000と2100では、水道用品のバルブソケット(100円程度)を使用することができます。

それぞれ1000が16Aのバルブソケット、2100が20Aのバルブソケットが使用可能です。

※使用するときはネジ部分にシールテープをします⇒バルブソケットにシールテープ

コンパクトオン1000:流量(ℓ/h)400~1000(又は850)

コンパクトオン2100:流量(ℓ/h)1400~2100

エーハイム1000(50kz)

番外編:超大型水槽ポンプ

サンゴや大型魚を飼育するような水槽で、より大きな流量や堅牢性が必要な場合はマグネットポンプが主流になります。

このあたりになってくるとコンパクトオンは選択肢から除外されます。

マグネットポンプはレイシーなどが有名です。

終わりに

ACポンプは耐久性もそこそこ高く、水中に入れる場合は基本的に静かです。

さらにコンパクトオンはどこでも手に入りますし安価で塩ビ管が使いやすい!っということで個人的におすすめしています。

これまでいくつも使っていますが、特に不満がないのでよほど大型の水槽にならなければコンパクトオンはなかなか良いと思います。

ちなみにコンパクトオンは50kzと60kzの仕様があるので選ぶ時は気を付けてください。

それではよいアクアライフを。

フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。フォローしていただけると管理人の励みに大変なります。

HOME

関連記事

-DIY, ろ過槽・配管

Copyright© となりのアクアリウム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.