全力解説!オーバーフロー水槽とは?特徴や仕組み、メリット・デメリットについて!

オーバーフロー水槽とは?

今回は初心者向けにオーバーフロー水槽の仕組みや特徴について紹介していきます。

初めて見るとオーバーフロー水槽は難しいそうに見えますが、実はとてもシンプルかつ、様々なアクアリウムで強力な助っ人となるシステムです。

それではさっそく参りましょう!

オーバーフロー水槽とは?

オーバーフロー水槽のシステムイメージ

オーバーフロー水槽とは簡単に言えば、水槽の排水管からあふれた水を、下に用意した水槽で濾過してから、ポンプで水を飼育水槽に戻す仕組みの事です。

オーバーフロー水槽には様々な形がありますが、基本的な構造はどれも同じです。

オーバーフロー水槽の特徴

オーバーフロー水槽には穴がある

オーバーフロー水槽の大きな特徴は、排水管を付けるために水槽に穴があいていることです。

ほとんどの場合は水槽の底に穴があるため、水槽台にも同じ位置に穴が必要になります。

また他のシステムでみられない特徴としては、飼育水槽の水位が一定になるという事もあげられます。

オーバーフロー水槽のデメリット

オーバーフロー水槽のデメリット

価格・費用が高い

オーバーフロー水槽のデメリットには、まず水槽一式にかかる費用が高くなることがあげられます。

サイズにもよりますが、市販品だと60cm水槽の基本的なセットを揃えるだけでも5万円~10万円+α(ろ材、ライトなど)がかかります。

設置作業が大変

設置作業に手間と時間が掛かります

また多少のDIYが必要になる場合もあります。

仕様変更ができない

水槽に穴があいているため、仕様変更などで融通が利かない部分があります。

オーバーフロー水槽のメリット

オーバーフロー水槽のメリット

飼育環境の向上

オーバーフロー水槽のメリットは、水量や濾材を大幅に増やすことが出来るため、飼育環境の向上が見込めることです。

収納性が高い

オーバーフロー水槽のメリット。サンプに器具を収納できる
参考店舗SHORTMAN

オーバーフロー水槽の大きな濾過スペースは器具を収納するにも便利です。

ヒーター・水温計・エアレーション・プロテインスキマーなど、様々な器具を濾過水槽に収めることで飼育水槽内がスッキリしたり、事故などの要因を減らすことができます。

複数の水槽を一括管理

オーバーフロー水槽の集中濾過

オーバーフロー水槽では、複数の水槽をまとめて管理することもできます。

複数の水槽を1つの濾過槽で処理することにより、水換えや水温の管理・メンテナンスを一括して行えるようになります。

オーバーフロー水槽の総評

オーバーフロー水槽のまとめ
参考店舗Aqua Tailors

オーバーフロー水槽は金銭面や仕様変更などにおいては難があるものの、飼育環境やメンテナンス性での恩恵が大きいシステムとなっています。

そのため水族館やアクアショップなどの施設や、大型魚や海水魚・サンゴ水槽など、より多くの条件を求められる水槽でよく使われています。

icon icon

オーバーフロー水槽の詳細・名称

オーバーフロー水槽の各ポイントの名称

次はオーバーフロー水槽をさらに詳しく知るために、代表的な機能や使用上の注意点についてみていきましょう。

飼育水槽

オーバーフロー水槽の穴

まずオーバーフロー水槽の穴には台座と呼ばれるパーツを取り付ける必要があります。

台座

オーバーフロー水槽の台座

台座とは水槽の穴に取り付けることによって、フロー管を設置できるようにするためのパーツです。

台座の取り付けは、シリコン接着やネジタイプの製品があります。

TIPS:セットのものは最初から台座がついてることがほとんどです。

フロー管

オーバーフロー水槽のフロー管

フロー管とは台座に取り付ける排水用のパイプです。

アクリルパイプや塩ビ管が使用できます。

フロー管の高さが基本的な水槽の水位になります。

TIPS:ポンプを稼働させると、実際の水位はフロー管より少し高くなります。(+1cm~)

コーナーカバー

オーバーフロー水槽のコーナーカバー

フロー管はむき出しだと、小さな生き物などが落下し易いので、コーナーカバーなどで落下防止するのが一般的です。

TIPS:コーナーカバーには後から吸盤で取り付けられるタイプや、水槽に取り付け加工がされている製品、シリコンで接着する場合などがあります。

アウターパイプ

オーバーフロー水槽のアウターパイプ

落下防止にはコーナーカバーの他にも、アウターパイプを設置する方法があります。

アウターパイプとは、フロー管より太いパイプにスリットなどを入れたパイプです。

フロー管の上から被せることで、アウターパイプはストレーナーの役目を果たします

アウターパイプを使用する場合の注意点

アウターパイプを付けたい場合は、『三重管用の台座』などと呼ばれる、アウターパイプが取り付けられる専用の台座が必要になります。

TIPS:三重管とは、給水管・フロー管・アウターパイプの3つの管を1つにまとめる仕様のことです。

三重管キット

給水管

オーバーフロー水槽の給水管

オーバーフロー水槽の給水管には、『アクアリウム用のパイプやホース』、『水道用の塩ビ管』などを利用します。

ポンプはホース接続が多いですが、塩ビ管を接続できるタイプもあるので気になる方はポンプの仕様を確認しておきましょう。

給水管の位置

オーバーフロー水槽の給水管の位置の注意点
取り付け位置が排水管より低い場合の図

給水管の取り付け位置については注意点があります。

基本的に給水管を取り付ける位置は排水管より高い位置にするようにします。

理由としては給水管を排水管より低い位置にすると、ポンプを止めたときにサイフォンの原理が働き、給水管が露出する位置まで水が逆流してくるからです。

停電時などの予期せぬポンプ停止時に水があふれないよう、給水管の取り付け位置には注意しておきましょう。

TIPS:水が逆流しなくても、ポンプ停止時は少なからず濾過水槽内の水位は上がるので、満水で稼働しないよう注意して下さい。

ピストル

オーバーフロー水槽のピストルとは

オーバーフロー水槽では、給水管をスマートに設置するためにピストルという継手を使うことがあります。

ピストルを使うと図のように排水管(フロー管)を通して給水管を設置できるようになります。

三重管仕様にする場合も、このピストルを使って給水管にフロー管を通してく事が多いです。

TIPS:ピストルにはストレートタイプやエルボタイプなどがあります。(図はストレートタイプ)

ピストル

排水管

オーバーフロー水槽の排水管

排水用のパイプには、主に水道用の塩ビ管を使用します。

塩ビ管には様々なサイズ・形状があるので、必要に応じて組み合わせて排水管を作ります。

※基本的に排水管のサイズ(太さ)は台座のサイズによって決まります。排水がスムーズに行えるよう途中で細くしたりしないようにします。

排水管に加重がかかる所は、落下しないように吊り下げ補強などを施します。

TIPS:塩ビ管は専用の接着剤を使用することで、強力に接着することが可能です。ただし脱着することもできなくなるので、メンテナンス性などを考慮して接着をする所・しない所を決める必要があります。

濾過槽・サンプ

オーバーフロー水槽の濾過槽やサンプについて

オーバーフロー水槽の下部に用意する水槽は、『濾過槽』や『サンプ』などと呼ばれています。

フィルターに相当する部分ですが、メリットでも解説した通り、収納力が高いのでフィルター以上の役割を課すこともできます。

またサンプ(濾過槽)にはウールボックスを付けることが一般的です。

ウールボックス

オーバーフロー水槽のウールボックスとは

ウールボックスとはウールマットを敷いて使うプレフィルターです。

ウールボックスの役割は、ウールマットを定期的に交換し、大きなゴミを早期に取り除くことや、糞や食べかすなど大きなゴミを濾過槽内に持ち込まないことが主な目的です。

TIPS:ウールボックスと濾過槽が一体型の製品もあります。

サンプ

水槽台

オーバーフロー水槽で使用する水槽台とは

前述しましたがオーバーフロー水槽の水槽台は、水槽と同じ位置に穴のあいたものが必要になります。

そのため水槽と水槽台を別々で用意する場合は、『穴の位置』に注意が必要です。

オーバーフロー水槽の詳細まとめ

参考店舗 Aqua Tailors

以上が主なオーバーフロー水槽に必要なパーツ・名称・注意点などについての解説でした。

今回紹介した内容を知っていると、一見すると複雑そうなショップのオーバーフロー水槽も基本の作りは同じであることがわかります。

おわりに

オーバーフロー水槽は大型魚や海水水槽だけでなく、様々なスタイルの水槽で利用価値が高い水槽です

費用と手間の面でハードルが高いですが、自作などを交えるとコストも抑えることができるので、興味がある方は是非一度オーバーフロー水槽も選択肢に入れてみてください。

それではよいアクアライフを。

icon icon

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールで受信できるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします└|∵|┐♪└|∵|┘♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました