DIY オリジナル工作

水槽用の冷却ファンを自作してみた!簡単初心者でも出来る夏場対策DIY!

2020年1月16日

夏場の水温上昇を抑えるために低コストな冷却ファン。

PC用ファンを流用すると意外と安価に自作することができます。

またPCファンは耐久性にも信頼があり静音性も高くなります。

というわけで今回はPC用のファンを使った簡単な冷却ファンのDIYを紹介します。

※お約束:DIYは自己責任です。十分に注意して作業してください。

目次

自作ファンの材料

今回の自作で使用する材料はこちらです。

  • PC用ファン12V(12cm)
  • アルミフィルター 
  • DCジャック(ACアダプターソケット) (外径5.5×内径2.1)
  • ACアダプター12V(1A) (外径5.5×内径2.1)
  • 熱収縮チューブ(1cm程度)

使用する道具

  • ワイヤーストリッパー
  • 半田ごて

今回使用した主な道具です。

基本的にはこれだけで自作できますが、作業が捗る便利な道具も後ほど紹介します。

冷却ファンの作り方

では実際に自作していきましょう。

ここではACアダプター(12V)に接続すればファンが動作するように工作します。

配線をカット

今回使用したファンは配線が3本出ており、それぞれコネクターに接続されています。

まずはコネクターから配線をすべてカットします。

※必要なのは赤と黒の線だけで、黄色い線はPC用で使用しないため短くカットしました。

こんな状態にします。

配線の被覆を剥く

次に黒と赤の被覆を剥きます。

被覆を剥くのにはワイヤーストリッパーを使います。

1cm程度被覆を剥きました。

HOZANワイヤーストリッパー

DCジャックを分解

DCジャック(ACアダプターソケット)に、ファンの配線をハンダ付けします。

DCジャックは分解すると、こんな感じになっています。

端子のプラスマイナスについて

ACアダプターは基本センターがプラスなので赤い線を短い端子に、黒い線を長い端子にはんだ付けします。

見ての通り端子の長さが違うので、配線はプラス側を少し長めにしておくと良いでしょう。

カバーや熱収縮チューブについて

今回はプラスにだけ熱収縮チューブを入れておきました。

ハンダ付けをする前に重要な作業があります。

それは先にソケットのカバー熱収縮チューブ2点を入れておくことです。

ハンダ付けした後からは、入れられなくなる注意しましょう。

※カットしすればやり直しは可能です。

半田付けして熱収縮チューブで保護

各端子にハンダ付けをしたら、絶縁(ショートさせない)のために入れておいた熱収縮チューブを被せて、半田ごてヒートガンで収縮させます。

ハンダ付けについて

半田付けについて分からない方は参考に ysozekiさんの動画をご覧ください。

配線部分の完成

アダプターのソケットのカバーを被せてファンの完成です。

これで12VのACアダプターを接続すれば動作するようになりました。

TIPS:ACアダプターは0.5Aもあれば十分です。

フィルターの取り付け

PCファンには専用のフィルターが販売されています。

フィルターはホコリなどをキャッチしてくれるのであった方が良いでしょう。

ファンへの取り付けはビスやネジで止めます。

TIPS:ファンに購入時にビスが付属している場合があります。

ファンガード

必要な場合はファンガードも取り付けます。

ファンガードは接触防止のためのカバーです。

DIY材料案内

次は自作ファンの材料設置方法道具について簡単にご紹介します。

冷却ファン

配線がプラスとマイナスしかないシンプルな配線の12V12cmのファン。

フィルター

アルミ製なので掃除すればずっと使用可能。

ファンガード

ファンに触れる可能性がある場所に設置する時には使用します。

ACアダプター

12V1AのACアダプターです。家に12Vアダプターがあればそれを流用しても良いでしょう。

DCジャック

PCファンに取り付けるソケットです。

※ACアダプターのプラグとDCジャック(ソケット)はサイズを一致させる必要があります。

安価に済ませたい場合

これらを全て新品で揃えると1500~2000円前後すると思います。

材料費内訳

  • ファン本体 500円~
  • アルミフィルター 500円
  • ACアダプター 500円~1000円
  • DCジャック 30円~100円

よりコスパの良くする方法としてはアルミ製フィルター(500円程度)をうすいメッシュのフィルターにしたり、1つのACアダプターで複数ファンを回すなどの方法があります。

また余っているACアダプターがあれば、流用するのも手です。(電圧とアンペアを要確認)

工夫次第で1個あたり1000円くらいで抑えられると思います。

安価なフィルター

自作ファンを水槽に設置する方法

次はファンを水槽に設置する参考例をご紹介します。

濾過槽の上に置いた例

まずはオーバーフロー水槽での設置参考例です。

ろ過水槽にファン用のマウントを塩ビ板で作って設置しています。

水槽台のキャビネット内に取り付けた例

こちらは自作水槽台にレールを作ってファンを設置しています。

水槽台を自作する場合にはレールを入れておくと、後からなにかと便利です。

水槽台にレールを設置する参考記事⇒レールの設置

水槽に直接置いた例

水槽本体にアルミアングルなどでファン用のフレームを作って設置します。

魚がジャンプしてきた時にぶつからないよう工夫する必要があります。

ファンガードに鉢底ネットなどを利用すると安価に済ませられます。

園芸用鉢底ネット

ファンをクリップ化して設置

どこでも使えるように、ファンをクリップ化してみました。

画像から参考記事に移動することができます。

DIY道具紹介

最後に今回のDIYにあると便利な道具をご紹介します。

固定バイス

軽い部品などは固定して作業すると捗ります。

小さいものにハンダ付けする時にあると大変便利です。

配線コードと半田ごてを両手持ちして作業するので、対象物がしっかり固定されていると、作業しやすいです。(はんだ付けする対象物が軽いと動くので、はんだ付けし辛いです。)

固定バイス

ヒートガン

熱収縮チューブに使いました。

今回程度の使用であれば半田ごてで十分ですが、持っているので活躍してもらいました。

アクアリウムDIYの用途だと、アクリルパイプ曲げなどでも使えます。

ヒートガン

半田ごて

おすすめの半田ごては白光 FX600です。

温度設定ができ、温まったらライトが点滅してお知らせしてくれます。

上級者向けに見えますが、寧ろ初心者にこそ心強い半田ごてだと思います。

専用スタンドも使い易いです。

白光FX600

専用スタンド

最後に

簡単な工作ですが、電気を扱うので十分に気を付けて作業してください。

内容について間違いや修正が必要な部分、アドバイスなどあればコメント欄からお問い合わせください。

それではよいアクアライフを。

ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入してフォローすれば、ブログ更新をメールでお知らせできるようです。
フォローしてもらえると管理人が小躍りします┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

関連記事

-DIY, オリジナル工作
-

Copyright© となりのアクアリウム , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.